Baby&Kid's

  にこにこあいてむ  

 
コンテンツ
   HOME

Kid'sブランド

出産祝い

おむつ&おもちゃ

   用語集
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙おむつについて

紙おむつは赤ちゃんのからだの大きさや発育の状態に合わせて、ピッタリなものを付けてあげられるように、さまざまな種類があります。

形状による種類 テープタイプ、パンツタイプ
 
サイズによる種類 新生児用、Sサイズ、ハイハイ用、Mサイズ、Lサイズ、ビッグサイズなど。
 
目的による種類 日常のおしっこやうんち用、トイレトレーニング用、おねしょ用、水遊び用など。

外出時などにとても便利な紙おむつ。一口に紙おむつといっても、様々なものがあり、赤ちゃんの成長に合わせてサイズや形状も豊富に用意されています。そんなことを知らなかった管理人は、サイズの合わないおむつを着用させた結果、ベビー布団を汚した経験があります・・・(泣)

おむつの選び方
赤ちゃんのオムツ選びの目安としては、赤ちゃんの体重などの成長度合いで決めるのが良いでしょう。特に月齢が低いうちはとても成長が早いので、同じ月齢でもかなり体重や身長にも違いがあります。オムツのパッケージに表示されている適用体重などの表示は目安程度にしたほうが良いでしょう。特に足周りがきついと、赤ちゃんの活発な動きを妨げてしまいます。この部分がきついようなら一つ上のサイズを選んであげた方が良いでしょう。
オムツ交換の目安
布オムツと違い、紙おむつは排尿後漏れたりしないのがメリットですが、赤ちゃんの皮膚を健康に保つ為にも、排尿・排便後はすぐ取り替えるのが良いでしょう。まだ月齢の低い時期には、赤ちゃんはおしっこを沢山貯めておく事が出来ないので、尿の回数が頻繁です。なので、できれば尿が出たら小まめにとりかえてあげるのが理想です。ただ、紙おむつだと費用がかかるので、家では布オムツにして外出時や夜間だけ紙おむつをはかせてあげるのも良いかもしれません。月齢が進むにつれて、尿の回数も落ち着いてくるので、大体3時間〜4時間おきくらいのおむつ交換が目安でしょう。 夜間の間は尿の回数も昼間に比べて減ります。寝る前に交換し、特に尿の量が多かったり、必要がないならば、朝起きた時にすぐ取り替えてあげれば良いでしょう。

おもちゃについて

子供のおもちゃには可愛い木のおもちゃなどがありますが小さな赤ちゃんの場合のおもちゃは気をつけて買わなければなりません。

 赤ちゃんのおもちゃの選び方

  • ポイント おもちゃの大きさ
    親が見ているつもりでも、ちょっと目を離した隙に赤ちゃんが口に入れてしまうことが良くあります。口に入らない大きさを選びましょう。
  • ポイント おもちゃの材質
    壊れやすくないか、丈夫に作られているか、角がとがっていないか、木製の場合、釘などが出ていないか、プラスチック製の場合、ひび割れがないかなどを確認しましょう。
  • ポイント おもちゃの塗料
    赤ちゃんはおもちゃをなめたりすることがよくあります。なめても安全な塗料を使っていて色落ちしないものを選ぶようにしましょう。
  • ポイント おもちゃの丈夫さ
    小さい赤ちゃんははおもちゃを持って叩いたり、うれしくて振りまわしているうちに投げてしまうこともあります。そんなとき壊れにくいかまた、おもちゃのパッケージの対象月齢や注意事項も確認して購入しましょう。

check

新築一戸建てをあつかう荒川区の不動産会社比較ランキング

最終更新日:2017/10/10

 

 

   
     
コピーライト